スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の街歩き@九分

ご飯の後は御茶屋さんにいきました。
どうしても台湾式にお茶を淹れてのみたかったのです。
でも阿妹茶楼は団体入ってるし、、どうしようか?
とうろうろしていたところ、ガラス張りのこの建物が
目に入りはいることにしました。
古窗

DSCF7124.jpg

HP
をみたらどうやら泊まれるみたいでした。
場所は九分のメインストリートをずっと下っていった先です。
周りに人通りはあまりありませんでした。
店内に観光客もいませんでした。。。

DSCF7123.jpg

↑店の横にこの看板がありましたよ♪
軽便車駅とはいかに?
DSCF7125.jpg

店内は広く、入り口をはいると
ちっさい池などがあったり小鳥がいたりし、
それを過ぎてテラスに入り、階段を上がると
2階のガラス張りの店内に入ります。
HPで見ると夏のテラスはすがすがしくて
気持ちよさそう!

お客さんは私たちのほかに、
おっさん2人とカップル1組のみ。
しずかな時間が流れる店内でした。
ここでもエアコンがなく寒かったですが・・

DSCF7126.jpg

そしてお茶のセットを頼もうとおばちゃんを
呼ぶとなにを勘違いしたか(ってか言葉が
通じないから当たり前ですけど)、
ただのお茶↑を持ってきました。
英語も不可で中国語もできないので困ってると
若いおねいさんが出勤、やっと通じて
セットが運ばれてきました。

DSCF7127.jpg

これこれこれがやりたかったの~~!
おらぼにちゃんが英語でどうやるか教えてくれと
いうとおねいさんもsureと快く引き受けてくれ、

DSCF7128.jpg

台の下からつながってるパイプは
下にあるバケツに水が行くようになってます。

DSCF7133.jpg

これは沸騰させて使うお湯。
2つの土瓶を交互に沸騰させて使用します。

DSCF7131.jpg

沸騰させたお湯でまず、
台のセットを軽く洗い、茶葉を急須にいれて
お湯を注ぎます。
しばらく待ってから湯のみに淹れて
お茶を楽しみます。

思ったより難しくなかったです。
ここで暗くなって湯屋に来るお客さんたちを
まつことにします。

DSCF7134.jpg

こちらはテラス席。
群青に光がとてもきれいです。
ここから見る景色は千尋が汽車にのって
ゆば~ばの双子のおばあちゃんに会いにいく
シーンのようです。

DSCF7138.jpg

たそがれてる(フリをする)おらぼに。

DSCF7144.jpg

古窗のテラスから見上げた九分。
ここって場所がとってもいいのが、
有名なお店達のライトアップが
下から一望できるところ。
有名なお店の中にいるよりも夜景を堪能できます。

DSCF7146.jpg

いよいよ湯屋の営業がはじまりました。

DSCF7154.jpg

赤いぼんぼりもともっていよいよ九分という
感じです。やっぱり夜きてよかった!
盛り食いすると知らないうちに豚になっちゃうので
注意が必要です。
夜の九分は歩いてるとあ、これはあのシーンかな?とか
いろいろ想像できて楽しかったです~TT
実は泊まりたかったですが、それはまた別の機会に。

DSCF7163.jpg

帰りは↑このバスで帰りました。
結構な行列でしたが1回目で乗れました。
チケットはその場で払う形で、
バス内はやぱりこのクソ寒いのに冷房を
かけており本当に寒かったです。

DSCF7117.jpg

未知の世界につづく扉です。
ぜひ入ってみたい。

スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bijinokami

Author:bijinokami
留学&就職&結婚を経て韓国ソウルで育児中のbijinokamiのブログです。コメント質問もお気軽にどうそ^ㅁ^!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
↓私も支援中です♪bn03.gif

♪フェアトレード&ピースコーヒー♪ PWJHP.gif
リンク・ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。