スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4、韓国でのF2ビザ申請】

さて。
韓国人との結婚手続きの最終目的ともいえる、F2ビザ<居住ビザ>の申請です。
まず、入国管理局に電話して、必要な書類を聞きました。
ビザは時間がかかるので、早く手続きに移りたいものです。
 
【4、韓国でのF2ビザ申請】
 
おらぼにちゃんが、出入国管理所に電話をしたところ、
F2ビザ申請時に外国人登録も一緒に済ませるらしく、
F2ビザ&外国人登録に必要な書類たちは、
-----------------------------------------------------------------------------

行く場所    :出入国管理所
行く人      :私と彼
持ってくもの  :【私】 パスポート/カラー写真(3*4センチ)1枚/戸籍謄本
          :【おらぼにちゃん】 婚姻関係証明書/住民登録謄本/財政関係書類/住民登録証
            (※私の戸籍謄本は夫の名前が載っているもの、おらぼにちゃんの婚姻関係証明書は、妻の名前が載ってるもの)
            (※財政関係書類は、在職証明書orチョンセ契約書or2000万W以上の残高証明書)

現地作成書類 :申請書/身元保証書/手数料60000W     

-----------------------------------------------------------------------------
 
であるそうです。
この中の身元保証書は、入国管理局にある書類に記入した後
近くの公館のようなところに手数料を払い、それが公的に認められたものだという
証明をしてもらう必要があるそうだ、という話を聞きました。
 
が!別に必要ないことが判明!
出入国管理所においてあるので書けばよかったみたいです。
 
出入国はソウル市内に2つあり、アングク(セジョンノ)とオモッキョに管理地域が分散されています。
私はトンデムングなので、アングクへ。
自分の住んでるところが、どの区域なのか調べていかないと受付てもらえません。
私は実際に間違えましたので、皆様は気をつけてね。
 
これがアングク(セジョンノ)の管理区域。
出入国管理所へは、地下鉄3号線安国でおり、

6番出口を出てくるっとUターンを。
ちょっといくと警察署があるのでその横のビルの2階です。
目印があるからわかりやすいです。実は地下からもいけるんですけどね。
ビルは入ると受付の右に階段があるので階段で行きます。
エレベーターは止まらないみたい。確かに人が多いときは200人待ちがざらな入管。
階段でいけって思います。
この看板が目印といえば目印。
ついたら即効番号札をとりましょう。
今回は、在留許可なので2番です。
 
今回は夏休みだったからか、40人くらいしかまってなかったですが、いつもは200とか300人とか
わけのわからない人数が待機してたりするので気をつけましょう。
とにかく中国人の留学生が多くて、前は1時過ぎにいったのに受付は5時半とかでした。
でも予約もHPからできるみたいです。予約していけば待たずにすみますね?。
 
待ち時間の間に、書類を作成しましょう。
記入書類は、申請書身元保証書です。
 
【申請書】
ピンクで囲った部分を記入。わからない部分は飛ばして窓口で聞きながら記入します。
 
【身元保証書】
ピンクの部分は私、緑の部分はおらぼにちゃんが記入しました。
番号を抜かされるとまた引かなくてはならないので、前で待機します。
 
呼ばれたので書類を提出。特に問題なしでした。
問題なしの場合、印紙購入窓口で手数料60000Wを買い渡すと、申請書の下に糊付けしてくれます。
 
書類は無事受付。来週には外国人登録書とビザを発行してくれるそう。
郵送も可能ですが10日程所有するとのことで、大事なものなので取りにいくことに。
この紙を持っていって受け取れば完了!
 
F2ビザは、3年間の間1年ずつ発行され、その後永住権が取得できます。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bijinokami

Author:bijinokami
留学&就職&結婚を経て韓国ソウルで育児中のbijinokamiのブログです。コメント質問もお気軽にどうそ^ㅁ^!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
↓私も支援中です♪bn03.gif

♪フェアトレード&ピースコーヒー♪ PWJHP.gif
リンク・ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。