スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡浦台

おなかも一杯になったところで、歩いて
次の名所【鏡浦台】へ。
 
景色の良いところに東屋を立て、詩を読み、絵を描き、討論をしたというところ。
鏡浦台は鏡浦湖を一望できる丘に立てられていました。
さっきの鏡浦海水浴場からは歩いて10分ほど。
 

 
鏡浦台の下には案内事務所があって、
中からおばちゃまが案内しようか?と出てきてくださいました。
実はバスの出発時間まであと30分。
時間が迫っていたので断ろうかとおもったのですが。
すばやく頭を回転させて、ここでそのおばさんにコールタクシーの番号を聞き、
タクシーを10分後に来るよう手配してから案内を10分でしてもらいました。
 
番号を教えてくれ、しかも超高速で案内までしてくれて
ありがとう!おばちゃん!!
 

 
ここが鏡浦台
名前の由来は、ここから湖を見下ろすと
澄んで静かな鏡浦湖にこの鏡浦台が映ったことから来ているそう。
 

 
鏡浦台の中。開放的なつくりになっています。
月迎え(月を眺めること)の名所でもあるところ。
 

 
ひとつあがったところにも部屋が設けられています。
ココから見る景色と一段下がったところから見る景色もまた違い、
その違いを楽しんだりするそう。
 
窓が横長に仕切られており、窓から見る景色は、
キャンパスに切り取ったかのように
ひとつの絵のように見えるんですよ、とガイドさん。

 
夕日も見てもきれいそう。
鏡浦台のすぐそばにある松は樹齢300年。
鏡浦台と一緒に湖を見守ってきたんですね?。
 

 
鏡浦台の下には公園があり、ここで読まれた詩が
刻まれえた石碑があるそうです。
 
そうしているうちに10分たっちゃいましたT_T
素敵なとこだったので、ぜひまた来たいです。
 

 
さて、下に下りるとちょうどタクシーが到着。
なぜか、ホンキルトン(韓国の昔の民衆のヒーロー)と書いた
タクシーに乗って、東亜ホテルに向かいます。
10分くらいでつき、コール分1000w+料金5000w
の6000wを払い降りました。
 
タクシーのおじちゃんもとても親切でした。
気持ちよく降りることができました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bijinokami

Author:bijinokami
留学&就職&結婚を経て韓国ソウルで育児中のbijinokamiのブログです。コメント質問もお気軽にどうそ^ㅁ^!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
↓私も支援中です♪bn03.gif

♪フェアトレード&ピースコーヒー♪ PWJHP.gif
リンク・ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。