スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江陵旅行2010_12 日程予算と総括

【江陵旅行2010_12 日程予算と総括】
 
 
日程
ソウル ?? 江陵 ?? 中央市場 ? 鏡浦湖&食事&海水浴場 
08:00 バス 12:00 徒歩 12:30   バス    13:30?16:30
 
?? モクチャ通り ?? 江陵 ?? ソウル
タクシー 16:40    徒歩 17:00 バス 22:00
 
予算
交通費 6000W
食事代 59500W

合計65500W
 
総括
天気もよくあったかかったのと、江陵の皆様がとても親切だったので
気持ちよく楽しく旅行できました^^
市場などに行くと現金が必要なので、気をつけた方がいいのと、
田舎にいくとバスが繁盛にないので時間がない場合はタクシーを利用した
方がいいな、と思いました。
海がとってもきれいで、まだまだ食べたいもの、見たいものがあったので、
また行きたいです。
スポンサーサイト

ジャガイモオンシミとジャガイモチジミを食す

東亜ホテル前に16:40に着きましたが、まだまだ。
夕食を買いに向かいます。
 
15分前には来てくださいといわれてはいましたが、
途中でSCに15分寄るだけなので心配。
それにせっかく来たのに名物食べないなんてねえ。
江陵はおいしいジャガイモが取れることでも有名。
10年前来たときのジャガイモチジミがおいしかったので、
どうしても食べたかった。
 
そして、ジャガイモオンシミというジャガイモを摩り下ろして
お団子にスープに浮かべて食べるってやつも食べたかったわけです。
↓(参考までに)
 

 
先ほどの中央市場の近くにある江陵モクチャコルモク、
つまり食べ物屋が集まった通りです。
 
そこなら絶対あるだろうと踏み、東亜ホテルを正面に見て
右にず?っと進み、高架下のこの通りに入っていきました。
 

 
どきどき。あるかな。
 

 
入り口のお店の方に、コレがたべたいのだけど、
というと場所を教えてくれました。
ここでもやっぱり親切ㅠㅠ
江陵、バンザイ!
 

 
見つけました!カムジャオンシミチプってそのままです。
さっそく入店、ジャガイモオンシミ1人前5000Wを頼みます。
そして、店の人が食べようとおもって焼いてたけどあまっちゃった
って言ったカムジャチジミ2500Wもあわせて購入。
 
ここ現金のみでした。
よかった?現金あって。
 

 
汁物だけど余裕でお持ち帰りOKです。
バスの中でたべるのは難しいとおもうけどね?といいつつ、
すぐやってあげるねと準備に取り掛かってくれました。
 

 
直接摩り下ろしたジャガイモでお団子をつくり、
麺と野菜、のり、ゴマを入れたスープに入れる、という作り方でした。
 
ひらべったい麺でしたが、この麺はもしや!
 

このきしめんのような麺!ということはチジミとあわせて
3つ江陵名物クリアーです!
 

 
こちら、ジャガイモオンシミ。
ほくほくしてて、じょりじょりした不思議な触感。
でも濃い目の味付けと麺とオンシミがよくあっていて、
寒いときに食べたいおいしい食べ物。
 
チジミは、もう絶品!
オンニにも好評でした。
ジャガイモの香りがする、香ばしいチジミ。
バスの中で食べたので、ちょっと冷めてましたが十分おいしかったです。
 
また食べたいです。
5時間の限定ツアーでしたが、満喫できました。
こんなバスを運行してくれるなんて韓国素敵です。
 

鏡浦台

おなかも一杯になったところで、歩いて
次の名所【鏡浦台】へ。
 
景色の良いところに東屋を立て、詩を読み、絵を描き、討論をしたというところ。
鏡浦台は鏡浦湖を一望できる丘に立てられていました。
さっきの鏡浦海水浴場からは歩いて10分ほど。
 

 
鏡浦台の下には案内事務所があって、
中からおばちゃまが案内しようか?と出てきてくださいました。
実はバスの出発時間まであと30分。
時間が迫っていたので断ろうかとおもったのですが。
すばやく頭を回転させて、ここでそのおばさんにコールタクシーの番号を聞き、
タクシーを10分後に来るよう手配してから案内を10分でしてもらいました。
 
番号を教えてくれ、しかも超高速で案内までしてくれて
ありがとう!おばちゃん!!
 

 
ここが鏡浦台
名前の由来は、ここから湖を見下ろすと
澄んで静かな鏡浦湖にこの鏡浦台が映ったことから来ているそう。
 

 
鏡浦台の中。開放的なつくりになっています。
月迎え(月を眺めること)の名所でもあるところ。
 

 
ひとつあがったところにも部屋が設けられています。
ココから見る景色と一段下がったところから見る景色もまた違い、
その違いを楽しんだりするそう。
 
窓が横長に仕切られており、窓から見る景色は、
キャンパスに切り取ったかのように
ひとつの絵のように見えるんですよ、とガイドさん。

 
夕日も見てもきれいそう。
鏡浦台のすぐそばにある松は樹齢300年。
鏡浦台と一緒に湖を見守ってきたんですね?。
 

 
鏡浦台の下には公園があり、ここで読まれた詩が
刻まれえた石碑があるそうです。
 
そうしているうちに10分たっちゃいましたT_T
素敵なとこだったので、ぜひまた来たいです。
 

 
さて、下に下りるとちょうどタクシーが到着。
なぜか、ホンキルトン(韓国の昔の民衆のヒーロー)と書いた
タクシーに乗って、東亜ホテルに向かいます。
10分くらいでつき、コール分1000w+料金5000w
の6000wを払い降りました。
 
タクシーのおじちゃんもとても親切でした。
気持ちよく降りることができました。

貝焼きで一杯

海水浴場から少し行くとレストランと乾物屋がずら?っと並んでいます。
お客さんが少ないので呼び込みもないかと
思いきやありました。
さっき、イカ刺しは食べたので貝を食べることに。
 

 

サンウォングンサンフェッチプ。
端から端までいき、この店に決めました。
入り口でおばあちゃんがにっこり笑っているのがポイントです。
 

 
貝焼きチョゲクイの中30000Wとソジュ3000W、
刺身混ぜごはんフェトッパプ12000Wを注文。
 

 
貝たちが来ました。
私がサザエをどうしてもたべたかったため、サザエを入れてもらいました。
あとは、ホタテっぽいのと小さな貝、大きな貝。
あ、エビも。
 

 
おいしそうでしょ?
おいしかったです。焼き始めると磯の香りがふわ?っと広がります。
ほたてのようなものはすぐ食べてもok。
ほかのものはじっくり焼いてください。
とくにサザエさんはしっかり焼かないと中身をはずすときに全部出てきません
のでご注意を。
 

 
おかずがちょっと少なかったのですが、エビとモチ。
そしてワカメス?プ。
 

 
こちらは刺身混ぜごはんフェトッパプ12000W。
 

別に刺身の種類がきまっているわけでなく、
「イカ刺しでやってあげようか?」
といわれたのですが、
「さっき食べたよ」
というと、ほかのお魚でやってくれました。
 
梨もはいっていてサクサク、酢コチュジャンであえて食べると
さわやかでおいしいお味。
お魚はアジ?骨ごと入っていて聞いたら骨ごと食べる
お魚なんだよ、とのこと。
 

 
いやいや、1杯入ると気分が良くなりました。
貝もおいしく、話も盛り上がります。
お客さんは私達しかいなかったため、周りを気にしなくともよく
とても気分よくすごせました。
 
お店のおばあちゃんもお母さんも親切で、素敵でした。

鏡浦海水浴場

鏡浦海水浴場!
 

 
海!
 

 
海に来たらやっぱり入水!!!
 
でもオンニに嫌がられたのでひとりで入水準備。
 

 

 
冬の海はカップルが多いかと思いきや、
仲間通しできている人も多くいました。
 

準備完了。いざ入水です。
 

 
つ、つめた?い!
これが冬の海か。。。
でも楽しかったです。とても。
 

 
その後は砂遊びを少し。。。
 

 

 
ここのビーチの砂は、かなり荒め。
さらさらの砂の日本海側のビーチとは違いますね。
 

 
こんな貝があったので、
 

 
こんな写真を撮ったり、
 

 
影を撮ってみたり、
 

 
セルフタイマーでとった写真がうまく撮れてたり
しながら、海を楽しみました。
冬の海はゆっくりできていいですね♪
 
海には浄化作用があるそうです。
なんだかすっきりしました。
 
さて次はゴハン?♪
プロフィール

bijinokami

Author:bijinokami
留学&就職&結婚を経て韓国ソウルで育児中のbijinokamiのブログです。コメント質問もお気軽にどうそ^ㅁ^!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
PR
↓私も支援中です♪bn03.gif

♪フェアトレード&ピースコーヒー♪ PWJHP.gif
リンク・ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。